top-tit

Scroll Down

POLICY

「PRISM!」は長崎のグラフィックデザイナーです。企業のブランディングから一枚の名刺まで、グラフィックに関わる全てのものを手がけています。時折デザインは「アート」として捉えられます。私の仕事はパッとしたインスピレーションではなく、ヒアリングを積み重ね、整理したものをロジカルにデザインすることを心がけています。クライアントの「意図しないもの」を表現するのではなく、「内なるもの」を掘り起こし、形にしています。私のスタンスは「クライアント共に考え、クライアントになったつもりでデザインを考える」ということ。デザインに興味をお持ちだったり、お悩みの皆さんの未来をカタチにします。

Contact

Information

杉谷本舗さま インタビュー

創業200余年の歴史を踏まえた新しい時代に繋がるロゴとなりました 杉谷本舗 営業部部長 川﨑洋和  諫早市に店を構える老舗〈杉谷本舗〉。おこしやカステラといった和菓子は地元で古くから愛されており、伝統を踏襲しながら改良を重ねたおいしさが自慢 …

more

ながさきプレスさま インタビュー

長崎らしさ、タウン誌らしさを表現したロゴは幅広い読者に向けた雑誌の指針のような存在です ながさきプレス 編集部 中島悠希子 大橋竜也 1988年創刊のタウン情報誌「ながさきプレス」は、グルメ・生活情報・レジャーなど幅広い情報を伝える雑誌。毎 …

more

てがみ屋さま インタビュー

作り手一人ひとりの個性が感じられる「ならでは」のレターセットが実現しました てがみ屋 山下みつよ 長崎市大浦町に店を構える小さな文房具店〈てがみ屋〉の店主。お店には思わず手に取りたくなるキュートでオシャレなアイテムが充実。また長崎で活動する …

more

山下農園さま インタビュー

物と飲食店の魅力を表現したデザインが地域全体の魅力を底上げしました 山下農園 山下洋介 長崎市琴海町でミニトマトを中心に様々な農作物を栽培し、直売所やJA、市場、飲食店などに出荷。琴海産のトマトとアスパラガスを使った地元飲食店のオリジナルメ …

more

モンキーレンチさま インタビュー

デザインによるブランディングを進めることで真似のできないビジネスモデルが確立しました モンキーレンチ 北島卓 フリーランスのWordPressテーマ/プラグインデベロッパー。多数のプロダクトをオープンソースで開発・公開。WordPress有 …

more

今年一年お世話になりました。良いお年を。

今年も今日で最後。お仕事にてお世話になった皆さまにはお礼申し上げます。本当に激動であり激変だった一年を振り返っています。言わずと知れた新型コロナウィルスで、これまでの生活が激変したことは私にももちろん影響がありました。 仕事については相次ぐ …

more

コロナの時代をどう過ごす1

4月6日の朝、始業時間が早い妻は会社へ出社し、息子を小学校へ送り出し、洗い物を済ませ、娘を保育園へ送り届けたのち、とっちらかった自宅の掃除とご飯のセットを済ませ、ようやくコーヒー片手にこの記事を書いています。 3月の日常と比べ何が違うのかと …

more

「みかんおこし」が、ながさき手みやげ大賞を受賞

諌早農業高校と杉谷本舗さんが、地域興しのため熱い思いを込めてコラボした「みかんおこし」。パッケージは弊社で担当させていただきました。この商品がいろんなところで評価されております。キャラクターは、ラフ案を高校サイドからいただき、弊社の方でリメ …

more

寒中見舞い申し上げます

2020年も、もうすでに2月は節分。今年もたくさんの年賀状をいただいたのですが、1月は毎年スロースタートな月なのに例年になく忙しく、年賀状の返信はおろか寒中見舞いも返せない始末。「あいつは年賀状も返さず何やっているんだろう」と思われているの …

more

老舗としての佇まいを〜杉谷本舗〜

Nagagsaki365さんのサイトに杉谷本舗さんのインタビュー記事が掲載されていましたので転載いたします。2016年にお声がけいただいてから、マークをはじめ販促物やパッケージのリブランディングを継続して担当させていただいております。制作当 …

more

新しいチーズを探す年にする

皆さま、あけましておめでとうございます! 昨年は子供の小学校入学や転居で、活動の幅が広がったように思えます。今までは(家のことはそっちのけで)仕事に没頭できていたのですが、40歳も過ぎ与えられた役割も増え、多様な知識や経験が必要とされるよう …

more

2019年もお世話になりました。

いよいよ2019年も終わり。デザイン業務は26日にクローズしましたが、家庭のことの空いた時間に事務仕事やこのブログなど、ちょっとずつこなしています。忘年会で「いつまでお仕事ですか?」と聞かれ、答えに困る業務進行を毎年のように繰り返していると …

more